ぶらじーるの足跡〜絶対役立つ海外情報記〜 

旅行本や代理店、学校では教えてくれない本当に気になる海外情報!留学、旅行、ワーホリ希望の方必読!!

ニュージーランドから日本へ帰る時のお得な帰国手続き(tax return,銀行解約)考察

      2017/04/15

ニュージーランドを出るときに必ずしなくてはいけないこと、それは銀行の閉設とtax return!!
ここでは銀行を解約するタイミングとTax returnの方法は銀行振り込みor小切手郵送にすべきか?を実体験から考えてみます!
僕自身ASB銀行を利用してましたが他の銀行を閉じる際も同様になると思います!



スポンサーリンク

目次

Tax return 銀行振り込みVS小切手郵送

まず帰国時に銀行を解約する前に考えなくてはならないのがTax returnの方法!!(税金返還手続き。日本でいう確定申告でニュージーランド国内にて、就労をして$1でも給与として受け取った場合、タックスリターンの申請が必要) 半年から1年間働いて大まかに$300~$1000位は戻って来ると思います。もちろん働いた時間量によりますが。
でそのTax returnの方法ですが銀行振り込みと小切手郵送が選べます!どちらにするかによって銀行を解約するタイミングが違います!

銀行振り込みのメリットとデメリット
メリット   安い!!海外送金手数料$30(ASB Bankの場合)のみで日本に送金できる
デメリット  返金されるまで口座を閉じないでもっておかなければならない=日本で口座を閉じなければいけない

小切手郵送のメリットとデメリット
メリット   ニュージーランドで銀行口座を閉じて帰れる=帰国した後面倒な口座閉設手続き不要
デメリット  高い!!小切手発送手数料$35前後+日本で日本円に変換手数料5000円前後

ぶらじーるの作戦と結果

まず僕自身手続きを開始しようと行動しだしたのが帰国1ヶ月前!本来なら2ヶ月前くらいにIRDオフィスに行って手続きをして、返還金を受け取ってニュージーランドで口座を閉じて帰るというのが最もBestです!!

でも2ヶ月前に帰国日決まってる??帰る直前まで仕事して税金払ってんのに先に手続きしたらその2ヶ月分の税金もどってこなくない??など疑問も多々。

なので僕の作戦は、口座保持の銀行振り込み!!だって安いじゃん?日本で口座閉じればいいだけならすぐできるじゃん?という無難な作戦!(おそらくほとんどの人がこの方法じゃないでしょうか?)
いろんな留学サイトも参考にして、「日本帰国後も銀行口座を維持しておき、還付金を受け取った後に銀行口座の閉鎖をオンライン等で依頼するのがよい」と銀行振り込み推奨!

帰国3週間前くらいにIRDオフィスで必要書類を書き、銀行口座を置いたまま帰国。無事NZを出国してからちょうど2ヶ月ほどでTax returnされました!
ですが!!!
ここからが問題!
いざ銀行のオンラインから日本へ海外送金!!

、、
、、、
で、できない。。。

理由 海外送金をする際、最終確認暗証番号が必要でそれはニュージーランドの携帯に送られてくる
ここ日本、NZの携帯使えんやん。。。

諦めない。
ASBに国際発信で抗議!!

ぶらじーる「海外送金したいんだけどもう日本いてNZの携帯ないから最終確認pass受け取れないですけど!どうしたらいいんすか?」
銀行員A「オンライン上で変更できるのでためしてみてください!」
ぶらじーる「ほーなるほどー」

国際発信結構待たされるし、つながってもいろいろ意味ないことを言われ聞かれ、結局11分くらい話しました。微考、国際発信電話料金30秒68円=11分=1452円&英語力必須

それでは、と早速Internet bank accountにログインし僕の日本の電話番号への変更を試みる。

結論 日本じゃ無理
理由 オンライン上で電話番号変更する際、021 022などNZ国内専用電話番号しか選べない。日本の国際電話番号81なんて選択肢にない。 余談だが国内でも変えた後、電話か現地の店舗に行かないと手続き完了しない。

海外の従業員って本当に適当です。電話代と労力返して欲しい。。。

さらに諦めない。
オンラインアカウントからダイレクトメール
事情を事細かく説明した文を送ったのだがまたしてもこの対応。
Reply
「オンラインで電話番号変えてください。」

、、
、、、
だからできないから電話もメールもしてるんだろ何回言わせるんだ。。。
その後も的外れな回答を何回もされたので

またしても怒りの国際発信
ぶらじーる「オンラインでできるって言ったのにできないじゃないですか」
銀行員A「では海外送金フォーム送ります」

、、
、、、
初めからそうしてください
所要時間12分
微考、国際発信電話料金30秒68円=12分=1588円

そしてメールで送られてきた海外送金フォームをクリックして開く。
「そのサイトは存在しません」

、、
、、、
馬鹿にしすぎだろ銀行員さんよ。。。

結局、自力で銀行のHPの中を探して見つける
https://www.asb.co.nz/documents/foreign-exchange.html
補足で 最終確認の電話は日本の番号へ。NZの時間で何日何時にかけてくれといれる。

数日後時間通りに電話が来る。 
着信
国際着信 インドネシア 

え?NZの銀行なのにインドネシアから電話?しかも英語もインドネシアなまり強め。。でも対応は今までで一番良かった。名前、生年月日、暗証番号、Tax return額、NZでの住所を聞かれました。で翌日無事送金完了。

その後、メール2回ほどのやりとりで口座解約も完了。

本当に長かった。。。

結論

⚪︎ニュージーランドにいる間に残高全て日本の口座へ送金し銀行を解約!
⚪︎Tax returnは小切手!

まず、時差があるので、なかなかメールの返信もこないですし、きても返信の内容が的をえていない。電話するのにも料金が高い上に、答えが的をえていない。
結局手続き完了まで2週間くらいかかりました。この労力と時間がもったいない。

個人的には少し高い料金払ってでも小切手の方がいいかなという感想でした!

参考までに


目次に戻る

 - ニュージーランド情報 , ,