ぶらじーるの足跡〜絶対役立つ海外情報記〜 

旅行本や代理店、学校では教えてくれない本当に気になる海外情報!留学、旅行、ワーホリ希望の方必読!!

英語力を格安、短期間で上げるセブ留学のすすめ

      2017/04/15

目次



スポンサーリンク

セブ留学のメリット

まずセブ留学の最大のメリットは安い!!!そして授業内容がいい!!!
どれだけ安いか実際に私が行っていたオーストラリアの語学学校とセブの語学学校の料金と内容を比較してみます
⚪︎オーストラリアの学校
入学費=$220
授業費=週$365
学生寮=週$170(二人部屋 食事なし)
なのでトータルは週$735で月$2360になります!それプラス食費なので1日$10と計算して月約$2660はかかります。
授業時間=9am~15pmの5時間(1時間休憩)
先生と生徒の比率=先生1人に対し生徒最大20人

⚪︎セブの学校
入学費=$150
授業費=週$380
学生寮=$0(授業費に含まれている)洗濯もしてくれる
食費=$0(毎日3食授業費に含まれている)
トータル週$530で月$1670になります。
授業時間=8am~10pm(7〜9時間)
先生と生徒の比率=1対1が5時間 1対4が2時間 1対8が2時間)

なので月約$1000ドル(日本円で9万円くらい)セブの方が安いです。2〜3ヶ月滞在するとなると何十万単位でお得になります!そして授業内容!私の場合オーストラリアの学校は先生一人に対して生徒が10〜15人くらいいました!なので先生に聞かれることもほとんどないですし、聞かれれてもイエス、ノーだけ言ってたら大丈夫です!英語力をのばすというより友達を作りに行っていました!セブの場合マンツーマンの授業が基本なので質問は全て自分で返さなくてはいけません!授業時間もたくさんあります!そしてフィリピンの人たちはほぼみんな英語が話せるので買い物などどこかにでかけても英語を使います!結果、英語力が伸びやすい!そしてセブは物価も安い!!なのでワーホリへ行く前や行った後、英語を短期間で学びたい方はセブ留学がおすすめです!!

セブ留学のデメリット

⚪︎治安が悪い
ストリートチルドレンが道にたくさんいます!すりやひったくりもしょっちゅうですがきおつけていれば大丈夫です!(夜一人で出歩かない、財布や携帯を外で見せない等)
⚪︎環境が悪い
ジプニー(現地のバスがわり)がたくさん走っているので空気がまずい!そして水道水はのめないが現地の人はそれを使って料理するのでそれらをたべると体調を崩しやすい!
⚪︎先生がネイティブではない可能性が高い
私が思う最大のデメリットがこれです!先生がネイティブではないので英語が聞きやすすぎます!そして、日本人慣れしているので、適当な文法、発音、単語だけでも理解してくれちゃいます!しかし、先生の特徴を理解し、発音に強い先生などに変更するなどして解決できると思います!

セブに行ったら絶対見逃せないポイント

⚪︎食べ物、飲み物編
①バロット
羽化直前の卵を茹でたもの。生まれて14,16,18日目など選べます!バロット食べたいといえばそこらへんの露店ですぐに手に入ります!画像は18日目のもの!
殻をすこしむくと
バロット

さらにむくと
バロット
もうさ、羽生えてる笑

そして中身は
バロット
これ、本当に食べ物??笑 日本でいう納豆みたいなものなのかもしれない。フィリピンの食文化に触れてみたいというかたは現地の露店へ!!

②レッドホース
フィリピンでポピュラーなビール。アルコール度数が7%もあるので日本のビールと同じように飲んでると酔うの早いです。
レッドホース
③サンミゲル(ペールピルスン)
こちらもフィリピンでポピュラーなビール。レッドホースと比べて、アルコール度数も5%で飲みやすいです。
サンミゲル
⚪︎観光名所編
①オスロブ
世界でも数少ないジンベイザメと泳げる場所で海がめちゃくちゃ綺麗です!!
セブ市内からバンをチャーターして3時間ほど南へ!学校の先生の企画だったので一人2800ペソくらいでした!
そしてこの海岸でインストラクターの人から説明を受けます
オスロブ
『ジンベイザメの口の中に入って遊ばないでください!』と言われたが、、入るひといる?!笑
でジンベイザメと泳ぐ!
オスロブ
ジンベエザメclass="size-large wp-image-297" /> ジンベエザメ[/caption]
ジンベイザメたくさんいたけど、口の中どころか怖くて触れもしなかった。笑
そしてそのあとはオスロブ周辺をこれの荷台に乗って散策
オスロブ
7人くらいで乗ったけどかなりスリル満点!カーブとかで振り落とされそうになりますが、こんなことできるのも海外の醍醐味ですね!
でこんな山道を進むと
オスロブ道中
滝がみえてくる
オスロブ

そして泳ぐ
オスロブ

そして車からボートに乗り換え
オスロブ
離島の砂浜へ
オスロブ
こんな綺麗な海他にある?!
オスロブ
オスロブ

僕の人生史上一番綺麗な海でした!!
オスロブ
セブを訪れたらオスロブは必須です!!

②ボホール島
セブ港から船で1~2時間の位置にある島!いろいろなアクティビティが楽しめ、世界最小のメガネザル、ターシャや円錐形の丘がたくさん並ぶチョコレートヒルズが見れます!
早朝セブ港から船が出ています!時刻表はこちら早朝はすごい行列ができているので早めにでたほうがいいと思います!そして1時間ほどすると到着します!島に到着したら客引きの人たちがたくさんいます!ボホール島は車一台と運転手をレンタルして観光名所を1日かけてまわります!値段は3~4000ペソで最初ふっかけられますが値切れば1000ペソ安くなります!!そしてボホール観光!!
まずは海
ボホールの海
ボホールの海
そして船で川を下りながらランチブッフェ!船上ではミニライブもあって心地よいです!
ボホール
川を下ってると原住民の村が見えてきます
ボホール

原住民の方々と戯れることができます
ボホール

ランチの後はジップライン!超スリルあります!!
こんな感じで縄でつらされて
zip line

この道を行く!!ジェットコースターの何倍も怖い!!だって体揺らしたら落ちれるもん絶対!!
Zip line
でターシャを見に行く!本当に手のひらサイズ!!
ターシャ

そして最後にチョコレートヒルズ
チョコレートマウンテン

これら全部ボホール島到着後客引きツアーに申し込めば自動で行ってくれます!セブに行ったらボホールもはずせませんね!!

③カルボンマーケット
現地の市場のような場所。フィリピンの人々の生活が伺えます!いろんなものが安価で売っていますが治安が悪く非常に危険です!行くときはお昼時多人数で行き注意を払ってください、暗くなってからは絶対に近寄らないほうがいいと思います!
外観はこんな感じ
カルボンマーケット
どこで拾ってきたんだろう
カルボンマーケット

こんな蛍光色の食べ物たべれるのかな
カルボンマーケット

ストリートチルドレンもたくさん
カルボンマーケット
写真を撮るとお金を請求されます。
個人的にカルボンマーケット好きですが、一人で行く勇気はないです。行く際は細心の注意を!

④囚人ダンス
世界で唯一囚人ダンスをみれるのもセブの醍醐味です!月に一回毎月最終の土曜日にセブ刑務所で開催されます!
罪を犯した人たちとは思えないくらい明るい表情で踊る囚人のダンスは圧巻です!
参考動画

ぶらじーるのToeicの点数を280点から830点まで1ヶ月で上げたセブ留学記

オーストラリアに約1年半滞在後、英語のブラッシュアップ、Toeicのために2ヶ月間セブ留学へ!最初の一ヶ月は1日5時間マンツーマン授業→2〜4時間グループ授業→90分宿題という時間の使い方
勉強

宿題が終わったら生徒と先生を交えて90分くらい野外授業(屋台で飲み笑)
サリサリ

土日は宿題や自習に1日3〜4時間費やし、余った時間はセブをジプニー(日本でいう路線バス。セブのは危険度が高い)で探検したり
<ジプニー>
ジプニー

<セブの民家>
セブ民家
お酒やご飯を食べに行ったりして過ごす
Dinner

最後の一ヶ月は1日8時間のマンツーマン授業にプラン変更し、Toeicに焦点をあてさらに勉強に励む!
結果
セブに来て、2週目に人生で初めて受けたtoeicの結果が280点!6週目には830点でした!
セブ留学

先生たちもすごく人懐っこくていい人ばかりでした!出会った仲間たちやバッヂメイト(同期入学仲間)も最高でした!
英語を勉強したい方々!空いた時間に短期間から行ける格安セブ留学!楽しんでみませんか??
セブ留学


目次に戻る

 - フィリピン情報 , , ,