ぶらじーるの足跡〜絶対役立つ海外情報記〜 

旅行本や代理店、学校では教えてくれない本当に気になる海外情報!留学、旅行、ワーホリ希望の方必読!!

オーストラリアワーホリ後のカナダワーホリビザ申請について

      2017/04/15

基本的な申請方法はこちらで!
ワーホリシロップ

しかし、オーストラリアにワーキングホリデーで滞在した後や、その他の国に滞在した後、カナダのワーホリビザを取得しようとすると、かなり申請方法が複雑になり、許可されないケースが多々あります。逆にカナダからオーストラリアやニュージーランドへ行く分には特に難しくなることはないんですけどね。今回はぶらじーるの㊙︎取得ケースを説明します。(参考にしても責任は負いません)



スポンサーリンク

まず、上記のワーホリシロップを見ながら申請。ニュージーランドやオーストラリアのビザ申請と比較するとかなり大変です。私自身も一度申請拒否されました。理由は書類不足!!オーストラリアに滞在した後、カナダに行こうと思う人はおそらくこの書類提出が最大の難関だと思います!!なぜならオーストラリアで滞在した都市によって、提出書類が違うため!そして、それらの書類をオーストラリアから取りよせている間にカナダのビザ申請期限が過ぎてしまうこと!!
私の場合、メルボルンとゴールドコーストに1年半ほど滞在していましたので①Police Certificateと②Traffic Historyを求められました。
①Police Certificate(無犯罪証明書)
オーストラリアに滞在していたら滞在都市に関係なく、まず求められると思います。私の友達もみんな求められていました。カナダのビザを申請する前にPolice Certificateは取得しておくことをおすすめします!理由はオーストラリアから書類の取得に時間がかかってカナダのビザ申請期限が切れて申請できなくなることがあるため!
取得方法はこちらでtp://www.cic.gc.ca/english/information/security/police-cert/

②Traffic History(交通証明書)
クイーンズランド州に滞在していた場合求められるみたいです。今回、私の書類不足の原因はこいつでした!とあるサイトでPolice Certificateにはこの証明も含まれているという情報を得たのと、Traffic Historyを取りよせてたら申請期限に間に合わない&取りよせ方が難しかったという理由でTraffic historyの部分もPolice Certificateをのせて申請してしまいました。そして、申請拒否! これで申請にかかった費用$250と書類取り寄せ代金$42といろいろと調べて申請した労力がパーです。無念です。

『諦めたらそこで申請終了ですよ』『あ、安西先生〜』

申請第二ラウンド開幕
裏取得方法
カナダへビザが下りなかったので、ニュージーランドへ来ていましたがここで再び申請を試みる!!
一回申請をしたら、必要書類がそろっているのでわりと簡単に申請できます。そして同じ過ちは繰り返さない!!
まず、前回失敗した原因のTraffic Historyをどうにかする。しかし取りよせ方意味不明、お金も時間もかかる、、、じゃあメルボルンとゴールドコーストにいなかったことにしよう!!笑 オーストラリアではパース(Western Australia)にずっと滞在していたことにして申請!(Western Australiaの場合Traffic Historyを提出する必要がないため)英文履歴書の職歴も念入りにメルボルンやゴールドコーストの記載をしていたので削除しレストラン名のみに変更。そして当時ニュージーランドにいたが日本にいることにして申請。(ニュージーランドからだとまた必要書類が増える可能性があるため)パスポートも前回の申請と同じ写真を使用。

そして申請して何日か待ち、CICを覗くとメールが来ててそれをみてみると

『Your application to work in Canada has been approved』

取れてるーーーー!!!
一件落着!!笑
パスポートにはゴールドコースト空港入国のメルボルン空港出国と記載されていましたが、カナダビザ申請書類にはパース滞在と書き、オーストラリア内はバスも発達してるのでゴールドコーストからパースまでバスで行って1年半滞在し、帰りはバスでメルボルンへ行き出国という空想の自分を作って駄目元の申請だったけどうまくいっちゃいました!もしオーストラリア滞在後にカナダに行こうとしていてビザが取れなくて困っているという方がいらっしゃったら、最終手段にでもどうぞ。(責任は負いません。)

 - オーストラリア情報, カナダ , , , ,